Tempo Vivo
退屈な日々にさようなら。

バイオリン

Paul Florea


ルーマニア出身のポールフローレア

彼は35年以上のヴァイオリンと共に生きている。

ルーマニアでも有名な音楽一家に生まれ、幼少時から東欧の音楽教育を享け、

ここにプロフェッショナルなヴァイオリニストが存在する。

作曲家、音楽イベント、ヴァイオリン講師と様々な才能をもつ彼は、インターコンチネンタル、ソフィテル、シェラトン、ヒルトン、マリオットという上質な空間で、約20年間にわたり国際的に経験があります。

1998年に日本で初めて長期契約をハウステンボスと結び、2004年までゲストを魅了してきました。

クラッシック・ジャズ・オペラ・洋楽、映画音楽、J-POP、アニメなど、日本の文化も敏感に取り入れ、

幅広い年齢層のゲストに感動を与えてきました。

長崎から横浜へ2004年・・・老舗ミュージックレストラン アルテリーベでは、ディナータイムは勿論、

クリスマスディナーやウェディングパーティーなど、大きな舞台でも確実にゲストの心に響く音楽をセレクト。

日本、ルーマニア共にTV出演の経験があり、今後も彼の音楽活動に期待。



Copyright © 2010 TempoVivo - 退屈な日々にさようなら。
Powered By